日テレNEWS
カルチャー
2010年4月5日 22:23

ヱビスビールCMソング、原由子が歌う「第三の男」に

サザンオールスターズの原由子(53)が歌う「第三の男」が、生誕120年を迎えた「ヱビスビール」の新CMソングに決定した。これまでも他のアーティストが歌う同曲が、CMソングとして流れていた。今回、原の起用によってほんわかとしたスキャットを実現。耳あたりのいいメロディーが、CMの世界観をさらに盛り上げているという。出演者は、俳優の役所広司(54)。日本の風情や情緒を写し取った「石畳篇」として、15秒、30秒、60秒バージョンが用意されている。四季折々の風情を繊細に感じる日本の心にふさわしい空気感を、役所の円熟の演技で表現すると同時に、原の、邪魔にならずに印象に残る、というボーカルが美しい映像にかぶさっている。