日テレNEWS
カルチャー
2010年4月26日 16:52

波瑠、人気ライトノベル実写映画「誇らしく思って頑張りたい」

波瑠、人気ライトノベル実写映画「誇らしく思って頑張りたい」
(c)NNN

モデルで女優の波瑠(18)、未来穂香(13)らが26日、都内で映画「マリア様がみてる」(今秋公開)の製作発表会見に出席した。累計540万部を発行する人気ライトノベルシリーズの実写化で、上級生と下級生が「スール」と呼ばれる姉妹関係を結ぶお嬢様学校に通う少女たちの青春ストーリー。学校のスター的存在・小笠原祥子役を演じる波瑠は「これだけたくさんの人に愛される作品に出演できることを、誇らしく思って頑張りたい」と意欲。祥子に「妹」に選ばれる福沢祐巳役を演じる未来は、映画初出演。「女優という仕事が大好きになっていたときなので、運命を感じる映画。プレッシャーを感じますが、楽しみなことが多いです」と愛らしく語った。