日テレNEWS
カルチャー
2010年5月27日 21:43

相武紗季、胸キュンホラー作「アトラクションを楽しむ感じで」

相武紗季、胸キュンホラー作「アトラクションを楽しむ感じで」
(c)NNN

女優の相武紗季(24)、俳優の溝端淳平(20)が27日、都内で映画「NECK ネック」(白川士監督、8月21日公開)の完成披露試写会で舞台あいさつを行った。独自の研究でお化けを作り出そうとする女子大学院生と、彼女に恋した男子大学生との胸キュンホラー作。相武は「皆さんの反応、感想が楽しみ。見るというより、ジェットコースターに乗ってアトラクションを楽しむ感じで体感して」とにっこり呼びかけた。溝端も「鳥肌も立ったし、でもどこか笑いと恐怖の中間を行っている作品。見終わった後に爽やかになれる」と胸を張った。2人とも明るいキャラクターだけに、撮影現場も、「小学生に戻った感じでキャッキャしていましたね」と溝端は振り返った。