日テレNEWS
カルチャー
2010年10月23日 23:12

初主演で自分の役、松下優也「武道館でライブ」が夢

初主演で自分の役、松下優也「武道館でライブ」が夢
(c)NNN

ミュージシャンの松下優也(20)と女優の倉科カナ(22)、江原慎太郎監督が23日、都内で映画「ヒカリ、その先へ」の公開初日舞台あいさつを行った。映画初主演で本人=松下優也役を演じた松下は「斬新ですよね。自分の役なので素でできますけど、演じないといけない部分もあった」と告白。カメラマン役の倉科は、別の視点から「夏に差しかかっていて、蚊に刺されやすいので虫よけに苦労しました」と笑顔で振り返った。映画のキーワード「夢」に関連し、3者が今の夢を披露。監督は「『ヒカリ〜その2』を撮ることですかね」。倉科は「プライベートで海外旅行に行ってみたい」。松下は「(日本)武道館でいつかライブをやりたい」と明かし、喝さいを浴びた。