日テレNEWS
カルチャー
2010年11月9日 17:46

竹野内豊、過酷ロケを回想「みんなに支えられていた」

竹野内豊、過酷ロケを回想「みんなに支えられていた」
(c)NNN

俳優の竹野内豊(39)、米俳優のショーン・マクゴーウァン、女優の井上真央(23)が9日、都内で映画「太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−」(来年2月11日公開)の製作報告会見に出席した。太平洋戦争末期にサイパン島を死守すべく戦った大場栄大尉役の竹野内は、過酷ロケを「1人の精神力では乗り越えられなかった。ショーンとかみんなにも支えられていた。そういう何かがスクリーンを通して伝わると思う」としみじみ回想。家族を失った少女を演じた井上も「会うたびにみるみるやせていく大尉が心配でした」と語った。米海兵隊大尉役のショーンも「俳優として演じているだけだってことが、どれほどラッキーなことかと思った」と平和の尊さをかみしめた。