日テレNEWS
カルチャー
2010年11月13日 20:32

松嶋菜々子、濃密な2人演出「食欲もなくなるような緊張感」

松嶋菜々子、濃密な2人演出「食欲もなくなるような緊張感」
(c)NNN

映画「ゴースト もういちど抱きしめたい」の初日舞台あいさつが13日、都内で行われ、女優の松嶋菜々子(37)、韓国俳優のソン・スンホン(34)、女優の樹木希林(67)らキャストが登壇した。スンホン演じる陶芸家と恋に落ち、命を落とす女性を演じた松嶋は「2人の時間を濃密に演出しようと思い、食欲もなくなるような緊張感の中、撮影しました」と回想。スンホンは「日本語を勉強しなかったことを後悔しましたが、出演しなかったらもっと後悔すると思った。初日を迎え、やはり出演してよかったと思いました」と充実感いっぱいの表情で語った。怪しい霊媒師役の樹木は「ソンさんは言葉がなくても、抱いていただけた」と役得ににっこりだった。