日テレNEWS
カルチャー
2011年11月18日 21:50

AI、クリスマスに「ハピネス届けたい」

AI、クリスマスに「ハピネス届けたい」
(c)NNN

 歌手のAI(30)が18日、東京・JR有楽町駅前広場で行われた「Coca-Cola Presents 2011 有楽町ウインターイルミネーション点灯式」、「Coca-Cola Happiness Truck出発式」に出席した。

 東日本大震災などさまざまな困難を経験した2011年のクリスマスだからこそ多くの人と前向きな気持ちを共有したいというコカ・コーラと有楽町協議会の思いから、コカ・コーラの“赤”と活気とエネルギー、愛の意味を持つ“赤”をテーマにした“真っ赤なイルミネーション”が実現した。

 点灯式後のステージに登場したAIは、会場からの大きな歓声に「どうも〜」と大喜び。「コカ・コーラ2011 クリスマスキャンペーン」のCMソングで12月14日に発売される新曲「ハピネス」を歌い上げると、盛り上がる観客に「イエーイ!ありがとう、ありがとうね」と満足そうだった。

 クリスマスイベントだけにステージ上にはサンタクロースの姿もあり、「私、サンタクロースと会えたことが本当にうれしくて。会えて良かった」と大はしゃぎ。日本人アーティストでは桑田佳祐(55)以来10年ぶりにコカ・コーラのクリスマスキャンペーンソングを手掛けたことを「すごくうれしい」と喜び、「私なんかの曲がね。本当に気合いも入れて、いろんな人に気持ちが伝わればいいなと思って作りました」としみじみ語った。

 「とにかくハピネスを届けられたらいいなと思って作りました。ハピネスをいっぱい持っている人は、足りない人に分けてあげて。1人でも多くの人がハピネスになれたらいいな」とAIっぽく語った。