日テレNEWS
カルチャー
2012年1月8日 19:02

役所広司、玉木宏にずばり質問「結婚は?」

役所広司、玉木宏にずばり質問「結婚は?」
(c)NNN

 俳優の役所広司(56)、玉木宏(31)、成島出監督が8日、都内で開催された映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−」の大ヒット御礼舞台あいさつに出席した。
 
 8日現在で観客動員80万人を超え、興行収入も10億円超えが確実となった。祖国と愛する人たちを守るため、聯合艦隊の指揮をとった山本五十六を演じた役所は「たくさんのお客さんに見ていただいたのでお礼の気持ちできょうはトークしたい」と笑顔で話しかけた。

 役所と初共演を果たした玉木は、新聞記者役。「役所さんは穏やかにふわっと(現場に)いるので、シリアスな映画なのに現場はピリピリしていない。立ち振る舞いを見習いたい」と先輩俳優の存在感をたたえた。
 一方の役所は、玉木の印象を「かっこいい」と率直に明かし、「映画、テレビ、音楽と活躍しているけれど、もっと映画をやってほしいな」と切望。再共演を約束し合った。

 舞台あいさつではお互いに質問をするコーナーもあり、役所が独身の玉木に「結婚はまだですか?」とずばり質問。玉木が「…でもやっぱり、タイミングなんですかね」と答えると、役所は「家族はいいもんですよ。でもね、夫婦は元々他人だから、だからこそ努力が必要なんですよね」と実感のこもったアドバイスをした。

 2人とも1月生まれ。役所は元日が誕生日で、主人公の名前と同じ“五十六(いそろく)”歳となった。
 司会者から抱負を質問されると、「東映の社長が『56億行くぞ!』と言っていたので、五十六さんにあやかってそこまで行く…のはお客さんの応援が必要です」と観客に協力を仰いだ。

 玉木は14日が誕生日。32歳になる。抱負を質問されると、「作品の中で魂を込めて生きて、お客さんにメッセージを伝えられる役者になること。それを心がけたい」と真面目に語った。