日テレNEWS
カルチャー
2012年3月1日 22:56

宮本笑里×TAKURO楽曲「光」共同制作

宮本笑里×TAKURO楽曲「光」共同制作
(c)NNN

 デビュー5周年を迎えたヴァイオリニストの宮本笑里(28)とGLAYのTAKURO(40)がコラボレーションし、楽曲「光」を共同制作したことが分かった。7日発売の宮本のアルバム「renaissance」に収録される。

 宮本は、東日本大震災後から交流を続けてきた、宮城県唯一のプロオーケストラの仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演したアルバムをリリースすることを決断。被災した人々への思いを曲にしたいと、作曲を開始した。
 同時に、番組共演などで交流し、震災後いち早く被災地での活動を積極的に行ってきたGLAYのTAKUROへ、作曲を手伝ってもらえないかとオファー。TAKUROは快諾し、今回の共作が実現した。

 宮本は新曲「光」に込めた思いを「ただ悲しいだけではなく、そこから少しでも希望を見い出せるようにと願いながら作曲しました」と明かした。アルバムの収益の一部は、東日本大震災復興支援のために寄付される。

 宮本との曲作りについてTAKUROは「笑里さんの曲はクラシックの世界にとどまらず、幅広い要素を含んだ素晴らしい音楽だと思います。これからもどんどんこのような素晴らしい音楽を生み出して、世の中を明るくしていっていただきたいと思いました」と語り、期待した。

 宮本は3月11日、日本テレビ系「復興テレビ みんなのチカラ3.11」(12時45分〜19時)に出演する。