日テレNEWS
カルチャー
2012年5月15日 22:04

「グレーゾーン」三ツ矢雄二、胸キュン求む

「グレーゾーン」三ツ矢雄二、胸キュン求む
(c)NNN

 声優の三ツ矢雄二(57)と日高のり子(49)が15日、都内で開催された映画「サニー 永遠の仲間たち」(19日公開)の特別試写会に出席した。

 映画の舞台である1986年にアニメ「タッチ」で共演していた2人が学生服姿で登壇。高校時代の胸キュンエピソードを披露した。

 男子校出身の三ツ矢は「“グレーゾーン”(の恋)は甘酸っぱいよりもほろ苦い」としみじみ語り、「高校時代はキュンキュンしていました。男子校はきつかったよ。50人1クラスで18クラスもあったんだから!大変だったんだから!校庭は男だらけでキュンキュンしっぱなし」とテンション高めに回想。

 当時と比べ、現在はときめく頻度が少なくなったそうだが、「ときめいているときって何かテンションが違うじゃないですか?違ったテンションみたいなものをもう1回くらい経験して、それで人生をまっとうできれば」と今後の出会いに期待。60代の結婚で幸せをつかんだザ・ドリフターズの加藤茶(69)とタレントの堺正章(65)を「ときめき盛り」と憧れ、「まだまだ先があるぞと思って、これから僕もいい“キュン”を見つけたいと思います!」とほほ笑んだ。

 取材陣から「好きなタイプは?」と聞かれると、「幅広いです」と即答。「私の場合は日銀の白川(方明)総裁から、なでしこジャパンのゴールキーパーまで、男女幅広く(恋人を)募集しておりますので、我こそはと思う方は(私の)目の前をうろついてください」とアピールした。