日テレNEWS
カルチャー
2012年5月21日 16:44

城田優、本家ロミジュリ公式サポーター就任

城田優、本家ロミジュリ公式サポーター就任
(c)NNN

 俳優の城田優(26)が21日、都内で開催されたフランス版ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の来日イベントに出席した。

 シェークスピアの不朽の名作を、作詞家で作曲家のジェラール・プレスギュルヴィック氏が2001年にミュージカル化した。世界で500万人以上を動員してきたメガヒット作が、このたび日本に初上陸する。

 城田は2011年に上演された日本オリジナルバージョンでロミオ役を務めた縁で、今作のオフィシャルサポーターに就任。作品を広く宣伝するという大役を任され、「僕自身ロミオ役を演じましたし、ロミオの気持ちですとか作品の中身を誰よりも熟知しているつもりですので、(ファンの)皆さんと一緒にフランス版を楽しんでいきたい」とPRに努めた。

 さらに城田は、フランス版ロミオ役のシリル・ニコライとジュリエット役のジョイ・エステールと劇中歌「エメ」を“コラボ唱”し、作品の魅力を宣伝。
 「とても緊張しました。フランス語で歌うのは初めてだったので。私事なんですけど、10代の半ばからいつかロミオを演じてみたいと思っていたので、(日本版で)演じることができて幸せでしたし、フランス版の皆さんとこのステージに立てていることを、心から幸せに思います」と充実感いっぱいの表情を見せた。 

 「現在、『ロミオ&ジュリエット』のような甘い恋は?」という質問が投げかけられるとニヤリ。フランス版キャストに「来ましたね〜。これ日本では恒例で、(劇中ストーリーの)恋愛に絡めてプライベートのことを聞くんです」と日本の芸能マスコミの取材方法を解説したうえで、「(最近の恋は)ないです。何もないです」と報道陣をたしなめるように答えた。

 作品は10月6日から東京・渋谷の東急シアターオーブで、10月26日から大阪・梅田芸術劇場で上演される。