日テレNEWS
カルチャー
2012年8月15日 22:30

太田雄貴選手も「剣心」絶賛「金メダル級」

太田雄貴選手も「剣心」絶賛「金メダル級」
(c)NNN

 俳優・佐藤健(23)の主演映画「るろうに剣心」(25日全国公開)のプレミア試写会が15日、都内で行われ、ロンドン五輪フェンシング男子フルーレ団体で銀メダルに輝いた太田雄貴選手(26)がスペシャルゲストとして登場した。

 太田選手は、五輪で使用した自身の剣を持って登場。佐藤が演じた主人公の緋村剣心について「剣を持つ者の1人としてあこがれの存在。世界中の強豪選手と戦ってきましたが、正直、剣心とは戦いたくないですね」とコメントした。
 原作のファンと明かし、「中途半端なことをされたらイヤだ、と思っていたけど、半端どころか原作を上回るような健さんの動き!」と実写版を絶賛。「僕は銀メダルしかとれなかったけど、この映画は金メダル級です!」と力を込めてアピールした。

 幕末の日本を舞台に、不殺(ころさず)の誓いを立てたかつての暗殺者と歴史の動乱を描いた物語で、1994年から週刊少年ジャンプで連載された同名人気漫画を映画化。
 佐藤も原作のファンの1人。それだけに「自分の中でハードルが高かった。自分で納得できる剣心に近づけるように努力しました」と役作りの苦労を吐露し、「個人的にも間違いなく特別な思い入れがある作品になりましたし、皆さんに見ていただけることがうれしく思います」と万感を込めてあいさつした。