日テレNEWS
カルチャー
2013年1月28日 19:53

劇団四季「リトルマーメイド」は冒険物語

劇団四季「リトルマーメイド」は冒険物語
(c)NNN

 劇団四季の創立60周年記念公演ミュージカル「リトルマーメイド」の製作発表会見が28日、都内で行われた。

 ディズニーが1989年に製作した劇場版長編アニメーションを舞台化したもので、人魚姫アリエルと人間の王子エリックの恋が描かれている。95年の「美女と野獣」、98年の「ライオンキング」、2003年の「アイーダ」に続く「四季」と「ディズニー」の提携第4弾になる。

 会見には「リトルマーメイド」ヨーロッパ版演出補のクリスチャン・ダーハム氏、アリエル役候補の谷原志音(たにはら・しおん)、秋夢子(あき・ゆめこ)、エリック役候補の竹内一樹(たけうち・かずき)、上川一哉(かみかわ・かずや)らが出席した。
 谷原はアリエルが海の上の世界に憧れる気持ちを歌った「パート・オブ・ユア・ワールド」を披露し、会場からは大きな拍手が送られた。

 ダーハム氏は「日本の方に喜ばれる冒険物語になると確信しています。ディズニーはこの四季版を、日本のお客さまの心にしっかり響くものにしたいと強く考えています」とメッセージ。
 谷原は「私もアリエルに憧れ、歌をよく歌っていました」と幼少期からの思い入れを明かし「このようなチャンスをいただけてとても幸せ」と大喜び。秋も「映画に負けないほどの魅力的なアリエルを表現できるよう、しっかりとけいこを積んでいきたいと思います」と意気込みを明かした。
 
 「リトルマーメイド」は東京・大井町の四季劇場[夏]で4月7日に開幕する。