日テレNEWS
カルチャー
2013年2月1日 20:41

ベビーメタル、3月以降も活動続行におわす

 3人組メタルダンスユニット「BABYMETAL(ベビーメタル)」が1日、東京・青海のZEPP東京でワンマンライブ「I、D、Z〜LEGEND“Z”」を開催した。

 2010年、成長期限定ユニット「さくら学院」の派生グループとして「メタルとアイドルの融合」を掲げてユニットは誕生。1月9日にデビューシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」を発売した。

 圧倒的な歌唱力とダンスが持ち味で、MC(曲間トーク)は一切なしというストイックなパフォーマンスでファンを獲得。この日は、デビュー曲など全11曲を激しく披露した。

 ボーカルのSU−METAL(15)は3月に中学を卒業するため、「さくら学院」も必然的に卒業することになる。派生ユニットの活動がどうなるのかファンは心配していたが、この日のライブで光明が差し込んだ。

 アンコールのナレーションで「私たちは新たな命を手に入れた。だけど永遠というわけにはいかない。今、この瞬間を忘れないで、私たちは歌い続ける。悲しそうな君の顔はもう見たくない。君の心の中に私たちは一緒にいるよ」と2500人のファンに呼びかけ、ユニット続行をにおわせた。