日テレNEWS
カルチャー
2013年6月13日 12:57

ジョニー・デップ最新作ひっさげ7月来日

ジョニー・デップ最新作ひっさげ7月来日
(c)NNN

 米俳優のジョニー・デップ(50)が最新主演作「ローン・レンジャー」のプロモーションで7月に来日することが、分かった。

 デップの来日は昨年5月に映画「ダーク・シャドウ」のPRで来日して以来、1年2カ月ぶり。「パイレーツ・オブ・カリビアン」3部作のプロデューサーでもあるジェリー・ブラッカイマー氏と監督のゴア・ヴァービンスキー氏もそろって来日する予定で、「パイレーツ〜」シリーズの3人がそろって日本に来るのは6年ぶりのこととなる。

 デップらは7月17日に来日記者会見を行い、その後のジャパン・プレミアにも出席する。

 作品は、死の世界から正義のために甦ったヒーローのローン・レンジャー(アーミー・ハマー)と、復讐に燃える悪霊ハンターのトント(デップ)という何もかも正反対な2人が聖なる力に導かれ、巨悪に立ち向かうアクション・アドベンチャー。