日テレNEWS
カルチャー
2013年6月23日 17:11

デップ登場…世界最速プレミアに3万人集結

デップ登場…世界最速プレミアに3万人集結
(c)NNN

 映画「ローン・レンジャー」の世界最速となるワールド・プレミアが現地時間22日(日本時間23日)、米アナハイムの「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク」で開催された。

 大ヒットシリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」3部作のプロデューサーのジェリー・ブラッカイマー氏とゴア・ヴァービンスキー監督、主演のジョニー・デップが再タッグを組んだ超大作。

 この日はデップら出演者をひと目見ようと、約3万人の熱狂的なファンが集結し、報道陣も世界中から約400人が駆けつけるなど注目度の高さをうかがわせた。

 会場には500メートルを超える長さのレッドカーペットが敷かれ、ローン・レンジャー役のアーミー・ハマーらキャストが登場するたびに歓声がわき起こり、満を持してトント役のデップが姿を現すと、ファンの熱狂は最高潮に。デップはこの日も約2時間をかけて丁寧にファンとふれあいながらカーペットを進んだ。

 本作は、死の世界から正義のために甦ったヒーローのローン・レンジャーと、復しゅうに燃える悪霊ハンターのトントという何もかも正反対な2人が聖なる力に導かれ、巨悪に立ち向かうアクション・アドベンチャー。

 デップら一行は7月17日に来日記者会見を行い、その後のジャパン・プレミアにも出席する予定。デップは「もうすぐ会いましょう!」と日本のファンにメッセージを発信した。

 日本公開は8月2日。