日テレNEWS
カルチャー
2013年7月4日 22:46

篠原涼子、夫の市村正親へ全幅の信頼

篠原涼子、夫の市村正親へ全幅の信頼
(c)NNN

 女優の篠原涼子(39)が4日、都内でハリウッド映画「ワールド・ウォーZ」(8月10日公開)の日本語吹き替え版声優発表会に出席した。

 米俳優ブラッド・ピットの主演最新作。“謎のウイルス”が爆発的に蔓延する中、事態を収束させるという任務が下った元国連捜査官が、家族のそばにいたいという思いと世界を救わなければならないという使命の狭間で究極の選択を迫られる…というストーリー。篠原は元捜査官の妻の日本語吹き替え版の声を担当する。

 自身がその立場に置かれたことを想像し、「怖いですよね。考えさせられるシーンが多くて、答えが見つからなかった」と立ち位置に悩みつつも、作品自体は「怖いのが結構好きなので、興奮しました」とにっこりアピールした。

 報道陣から「もし、ダンナさんがブラッド・ピットのような状況になったら?家族か世界か(どちらを選ぶ?)」と質問が飛ぶと「(夫の市村正親は)家族をすごく大切にする方で、かと思えば仕事や友人も大事にする方。そういう意味では両方なのかな?なんて欲張りなことを言っちゃいますけど」と夫への深い信頼を見せた。

 ハリウッド進出の意欲を問われると「お声がかかれば喜んで!」と前向きに語ったが「ですけど、お声はかからないと思いますよ」と苦笑して見せた。