日テレNEWS
カルチャー
2013年8月7日 19:05

文枝のカナダ人の弟子、三輝が北米公演決定

文枝のカナダ人の弟子、三輝が北米公演決定
(c)NNN

 落語家の桂文枝(70)の弟子でカナダ人落語家の桂三輝(サンシャイン=43)が北米公演を行うことが決定し7日、都内で文枝と共に会見を行った。

 三輝は来日中に落語に感銘を受け、2008年に文枝に弟子入り。初の外国人の噺家として注目された。

 三輝の北米公演「英語落語」は、今月29日に米・シアトルをスタートし、アメリカとカナダの20都市で30公演以上を行う予定。文枝の創作落語「宿題(=ホームワーク)」などの演目を、英語で披露する。

 まな弟子が文化の懸け橋となる大役を担うことに、文枝は「きょうほど、三輝が頼もしく見えた日はございません。本当にうれしい」と感無量。自身にとっても初めての外国人の弟子だったため、習慣の違いなどから苦労も多かったと振り返り、「彼が、私の落語を世界に広めてくれることを喜んでおります。私のできない、英語で落語を伝えるということで世界の人が喜んでくれて、そういうことがきっかけで本やアニメ、映画になることもできたら。大きな夢を彼に託すことができてうれしく思っております」と期待を込めた。

 三輝も師匠の言葉をかみ締め、「千里の道も一歩からと言いますが、師匠が望んでくださった私の道の第一歩と感じています」と成功を願った。