日テレNEWS
カルチャー
2013年8月13日 18:14

エイブラムス監督、出演陣は「友人」

エイブラムス監督、出演陣は「友人」
(c)NNN

 映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(16日公開)のイベントが13日、都内で行われ、J.J.エイブラムス監督(47)、主演のクリス・パイン(32)らが出席した。

 2009年に公開された映画「スター・トレック」の続編。前作に続いてメガホンを取ったエイブラムス監督は「今回はすばらしい脚本があったし、キャストもすばらしかった。カメラを彼らに向けると、生命力に満ちあふれていた」とにっこり。
 「今回の撮影で1番興奮したのは、新しいメンバーがたくさん出ていたこと。(作品を作っているときは)プレッシャーを常に感じています。関わったスタッフが最後に報われるような作品にしたいと思っています」と作品に対する思いを語った。
 主演のパインらについて「頭がいいですし、ユーモアのセンスもある」と絶賛。「彼らと一緒に仕事ができたことがうれしいし、大切な友人の1人でもあります」とほほ笑んだ。

 パインは司会者から最近覚えた日本語を尋ねられると「おいしい」と答えてドヤ顔。劇中で演じたキャラクターのように熱い性格ですか?と質問されると「はい」ときっぱり答え、笑いを誘った。