日テレNEWS
カルチャー
2013年12月15日 14:11

瀬戸康史と北乃きい、第一印象は人見知り

瀬戸康史と北乃きい、第一印象は人見知り
(c)NNN

 俳優の瀬戸康史(25)と女優の北乃きい(22)が15日、東京・原宿の竹下通りで行われたイベント「Ameba Candy Collection in 竹下通り」のスペシャルセレモニーに出席した。

 映画「僕は友達が少ない」(2014年2月1日公開)に出演する2人が、白いリムジンに乗って登場。現役女子中高生100人の声援を浴びながらレッドカーペットを歩いた。
 瀬戸は「学生の方たちが元気で、すごいパワーをもらいました」と笑顔をのぞかせた。

 映画「僕は友達が少ない」は、友達のいない7人が友達を作る部活「隣人部」に集うことから始まる青春エンターテインメント。
 本作が初共演の2人は、お互いの第一印象を「人見知り」と回想。瀬戸は「顔合わせで初めて(北乃さんと)お会いしたんですけど、一瞬にして(人見知りだと)分かりました。全然、目線を合わせてくれないし、無口ですし、俺、嫌われているのかなって思いました」と打ち明け、北乃も「瀬戸さんは必要以上のことはしゃべらない。人当たりはいいんですけど、自分をあまり出さなくて、人見知りだと思いました」と語った。

 心の距離が縮まったのは、1カ月間の滋賀でのオールロケだったという。
 瀬戸は「(北乃さんとは)性格が似ている」と親近感を覚え、北乃も「好きなものが似ていたり、周波数が似ていたり」と共感。私生活の友達の数もお互い少ないと言い、瀬戸が「いないに等しいくらい」と明かすと、北乃も「私も少ないです。2人くらい」とうなずいた。