日テレNEWS
カルチャー
2014年3月10日 21:01

東MAX、相方参加も「共演じゃないから」

東MAX、相方参加も「共演じゃないから」
(c)NNN

 タレントの三宅裕司(62)が座長を務める熱海五郎一座の最新公演「新橋演舞場進出記念公演『東京喜劇 天然女房のスパイ大作戦』」(東京・新橋演舞場、6月5日〜)の製作発表会見が10日、都内で行われた。

 2004年に俳優の伊東四朗(76)が「伊東四朗一座」を旗揚げしてから10年。伊東がスケジュールの都合でどうしても出演できなかった2006年に、三宅が“伊東”ならぬ“熱海”、“四朗”ならぬ“五郎”として同一座を旗揚げした。

 舞台の出演、構成、演出を務めてきた三宅は「10年前に伊東さんが旗揚げをして、いつかは新橋演舞場で喜劇をやりたいと思っていました。あの素晴らしい劇場で、セコいギャグをやる。それがポリシーです。見に来てくれた方が元気になれるような芝居を作りたい」と満面に笑みを浮かべた。

 今回のゲストは女優の沢口靖子(48)と朝海ひかる。一座のメンバーでお笑いコンビ「Take2」の東貴博(44)の相方、深沢邦之(47)が、東と交互出演することも発表された。

 一座初参加の深沢は「僕、最初の公演から自主的に見に行っているんですよ。自分でチケットを買って」と大ファンであることを明かしにっこり。「最近のコンビでの共演は、東の結婚式のお色直しのときに付き添っただけ」と悪いと噂されるコンビ仲をネタに笑いを取ると、東も「去年は1回も一緒に仕事してないですもん。お色直しで2人並んだとき、(妻の)安(めぐみ=32)と並んだときよりも写真撮られましたよ。珍しいから。今回も交互出演ですからね。共演じゃないですから」とあっけらかんと話し、会場をわかせた。