日テレNEWS
カルチャー
2014年3月19日 16:19

やまもと生活激変、まるでパラレルワールド

やまもと生活激変、まるでパラレルワールド
(c)NNN

 R−1ぐらんぷり2014王者のお笑い芸人・やまもとまさみ(40)が19日、都内で行われた「増税前節約トークショー Presented by “Wi−Fi(R)ほぼスマホ”」に出席した。

 所属事務所の先輩芸人・東貴博(44)も同席。
 R−1王者に輝いて以降、生活がガラッと変わったというやまもとは「パラレルワールドにいるみたい」と表現した。「気持ちがまだ追いついてない…」と話すやまもとに、報道陣が「ちょっと顔が硬い」と指摘。やまもとは「やっぱり?もっと指摘をお願いします。今、どんどんノートに書いて直していこうと思ってるんです」と真面目に返答すると、東から「まだ新人だから。何年目だっけ?」と聞かれ、「17年目です」とそれなりのキャリアを即答して笑いを誘った。

 3つのバイトを掛け持ちし、月40〜50万円の収入を得ていたというやまもと。東は「2人目ができたとき、『貯金はあるの?』って聞いたら、『3万円しかない』って。『何で3万円しかないのに2人目を作ったの?』って聞いたら、『その時は9万ありました』って」とR−1王者前のやまもとの生活を暴露した。
 東が「R−1でチャンピオンになったのは本当によかったよな」としみじみ言うと、やまもとも「本当によかったです」と笑顔を見せ、賞金500万円の使い道を「新婚旅行に行っていないので新婚旅行に行って、あとは老後の蓄え」とプランを明かした。