日テレNEWS
カルチャー
2014年3月21日 17:35

伊藤美裕、明菜に運命感じる「音域が同じ」

伊藤美裕、明菜に運命感じる「音域が同じ」
(c)NNN

 歌手の伊藤美裕(26)が21日、都内でライブ「伊藤美裕のミユゼミVI〜1/2の神話〜」を開催した。

 「ミユゼミ」は昭和歌謡や、フォークソングなど毎回テーマを決めてルーツや背景を研究して受け継ぐコンセプトライブ。6回目の今回は中森明菜をテーマに全19曲を熱唱した。

 伊藤は今回のテーマについて「明菜さんは聴いたら知っている曲も多く、音域も、シンデレラのガラスの靴みたいにぴったりで運命を感じました」とにっこり。「一緒に歌えたらきっと楽しいし、光栄です」と語った。

 「ミユゼミ」を「ライフワーク」と表現した伊藤は、今後の目標を「自分のオリジナル曲だけでライブをできるようになりたい」ときりり。「自分のバンドを引き連れて、2〜3時間のライブをやりたいです」と意気込んだ。