日テレNEWS
カルチャー
2014年3月26日 20:12

菊地亜美、手術の効果待つ。目標はMC

菊地亜美、手術の効果待つ。目標はMC
(c)NNN

 アイドリング!!!の菊地亜美(23)、お笑い芸人のムーディ勝山(33)が26日、都内で行われた「東京ピグ時空駅」の駅長就任イベントに出席した。

 100周年を迎えた東京駅と、5周年を迎えたアバターコミュニティーサービス「アメーバピグ」がコラボレーションし、「アメーバピグ」内に仮想の東京駅「東京ピグ時空駅」を開設。菊地が「東京ピグ時空駅」の駅長に就任した。

 特別ゲストのムーディが「時空に乗って、大ブレークしていた2007年からやって来ました〜!」と登場すると、菊地は「うれしい!まだデビューしたばかりのときによくテレビで見ていて、『こんなふうになりたい』って思っていたんですよ」と大喜び。ムーディは「(菊地は)ちょうど僕が下降していった時期に出てこられた方なので、あまりからみがないですね」と自虐的に語った。

 人気が上り調子の菊地に、ムーディは「マネジャーさんにため口を利かない。ADさんにもちゃんとあいさつをする。現場の弁当をちゃんと持って帰る。それから上を見続けること」と芸能人の先輩としてアドバイス。「僕は売れたときに『ゴール!』と思っちゃったんですよね」と反省点も伝えた。

 菊地は19日に行われたイベントで、舌小帯短縮症の改善のため、舌小帯の切除手術を受けたことを報告していた。
 滑舌が良くなることを期待しての手術だったが、即効性は感じておらず「ムーディさんのお話、勉強になります。友達に『効果があるの、6年後らしいよ』って教えられていて。だから6年は芸能界にいたいんですよ。30歳くらいでMC(司会業)をしていたいんです。そこに向けて、今も頑張っています」と方向性を定めた。