日テレNEWS
カルチャー
2014年4月24日 12:03

高田延彦、妻・向井の術後の経過は「良好」

高田延彦、妻・向井の術後の経過は「良好」
(c)NNN

 S状結腸がんの手術を受けていたことが明らかになったタレント・向井亜紀(49)の夫で元プロレスラーのタレント・高田延彦(52)が24日、自身のブログを更新。「すでに週刊誌の報道にありますが、去年の8月に向井が『大腸がん』の手術を受けました」と報告した。

 がんが早期発見のステージIIだったため、「毎年夫婦で受けていたメディカルチェックが功を奏してくれ、今はほっとしています。術後の経過が良好だったので、退院後はみるみる体力を取り戻すことができています」といきさつを説明。
 「ずいぶん前からメディカルチェックが年中行事になっている我々ですが、今回の事で改めて定期検診の必要を実感しました。ぜひ皆さんも定期検診を始め、そして続けてください。ご心配頂きありがとうございました」と検診の大切さを呼びかけた。(ブログは原文ママ)