日テレNEWS
カルチャー
2014年5月13日 21:12

河北麻友子、憧れの女優の新たな一面に感動

河北麻友子、憧れの女優の新たな一面に感動
(c)NNN

 女優の河北麻友子(22)が13日、都内で行われた映画「ノア 約束の舟」のダーレン・アロノフスキー監督の来日記者会見に花束贈呈のため出席した。

 約7半年ぶり4回目の来日となるアロノフスキー監督は「東京に戻って来られてとても興奮しています。日本で成功する映画を作りたいというのが長年の夢なので、新しい作品を皆さんに紹介できることをうれしく思います」とあいさつ。「大学時代に一番興味深く、ワクワクした場所は東京。今もその気持ちは変わらなくて、落ち込むことがあると必ず黒澤映画を見ます」と日本愛を強くアピールした。

 映画を視聴した河北は「なじみのあるストーリーだけど、この映画ならではの壮大なスケールと豪華なキャスト、素晴らしい演出に圧倒されて本当に感動しました」とコメント。
 同作に出演している英女優、エマ・ワトソンに憧れていると話し、「この映画で新たな一面が見られたと思う。その一面をどうやって引き出したんですか?」とアロノフスキー監督に質問すると、「エマは(ハリー・ポッターシリーズの)ハーマイオニーだけじゃなく、もっと可能性を秘めていました。この映画を通して少女から女性に変身しています」と自信を込めて語った。

 6月13日公開。