日テレNEWS
カルチャー
2014年7月4日 19:37

マイケル・ルーカー初来日、日本食を満喫

マイケル・ルーカー初来日、日本食を満喫
(c)NNN

 米俳優のマイケル・ルーカー(59)が4日、都内で「ハリウッド・コレクターズ・コンベンションNo.4」の開催記念来日イベントに出席した。

 初来日のマイケルは、「ハロー!コンニチハ!」と日本語であいさつし、「食べ物がおいしくて素晴らしい。日本では熱いお風呂に入れてリラックスできます」とにっこり。
 「きのうは刺し身を食べました。フグも食べましたが、毒があると聞いていたのでフグを食べながら誰が死ぬかを賭けたが誰も勝たなかった」とジョーク交じりに日本食を満喫したことを報告した。

 「昔から日本の武道に興味があった」と語るマイケルは合気道にも精通しており、「合気道で学んだ“気”が役に立っている。俳優としての心構えに通じるものがある」と持論を展開し、「その日本に来ることができて本当にうれしい」と笑顔を見せた。

 七夕にちなみ、お願いしたいことを聞かれると、「日本語が話せるようになりたい」と即答。「でも、勉強する人間じゃないんで、話せるようになるなんて絶対無理!」と笑い飛ばした。

 「ハリウッド・コレクターズ・コンベンションNo.4」は、ハリウッド俳優との2ショット撮影やサイン会をはじめ、グッズの特別展示販売などを通し、ハリウッド文化、洋画人気の向上を目指すイベント。5日、6日に東京・芝の東京タワーフットタウンで行う。