日テレNEWS
カルチャー
2014年10月30日 21:33

山崎賢人、舞台「里見八犬伝」は全部見せ場

山崎賢人、舞台「里見八犬伝」は全部見せ場
(c)NNN

 舞台「里見八犬伝」(演出・深作健太)の公開げいこが30日、東京・新国立劇場の中劇場で行われ、キャストの山崎賢人(20)、村井良大(26)、馬場良馬(29)、荒井敦史(21)らが取材に応じた。

 滝沢馬琴原作の「南総里見八犬伝」をもとに、新解釈やオリジナル設定を加えたスペクタクル時代劇。2012年に初演されて好評を博し、2年ぶりに再演するにあたってキャストを一新した。

 初舞台で主演を務める山崎は「手応えがあります。チームワークはすごくいいので、皆さんに助けてもらって頑張っていきたい」ときりり。
 殺陣にも初挑戦しており、「全然できなかったんですけど、殺陣って奥が深いなって思いました」と魅力を語り、「かなりぶった切ってやってますので、成長した姿を見せていけるように頑張りたい」とアピールした。

 舞台で気を付けていることを聞かれると、山崎は「お客さんがいるので…お客さんの方を向く。…お客さんがいるので…」とたどたどしく回答。村井が「感情の動きとかね?(客の)心を動かせるようなお芝居をね?」と助け舟を出すひと幕も。
 続けて見せ場について質問されると、山崎は「見せ場…」と言葉を詰まらせ、「全部見せ場って言え」という石垣佑磨(32)のささやきを受けて、「全部見せ場です!」と答えて笑みを浮かべた。

 何とか会見を終え、山崎は「すいません!」とポツリ。すかさず村井が「大丈夫だよ」とにこやかに声をかけるなど、チームワークの良さをうかがわせた。

 舞台は31日から同所で。