日テレNEWS
カルチャー
2014年11月26日 22:44

エレキテル、2014年は「オセロのよう」

エレキテル、2014年は「オセロのよう」
(c)NNN

 お笑いコンビ「日本エレキテル連合」が26日、都内で「LINE Creators Stamp AWARD 2014」の授賞式に出席した。

 ユーザーが制作・販売したスタンプの中から、2014年を象徴するそれを表彰するもので、イラストレーターのみうらじゅん(56)、音楽クリエーターの「ヒャダイン」こと前山田健一(34)、タレントの小島瑠璃子(20)がゲスト審査員を務めた。

 芸能賞を受賞した「日本エレキテル連合」の2人は、未亡人朱美ちゃん3号(橋本小雪=30)とその持ち主の細貝さん(中野聡子=31)にふん装して登場。
 橋本は「自分たちも(自分たちのスタンプを)使っている」とアピールし、中野は「こんなことになると思っていなかった。思いのほか好評」とニヤリと細貝さんのねっとりした笑顔で喜んだ。
 トロフィーは「(所属事務所)タイタンの神棚に飾って、ちゃんと倒れないようにすべり止めつけます」(中野)と話し、事務所の先輩「爆笑問題」には「爆笑さんも持っていない賞を取ったよ」(中野)と報告すると明かした。
 ブレークした今年を振り返って中野は「上半期、下半期でオセロのように違った」と、急に多忙になった状態を表裏がアッという間にひっくり返ったゲームに例えた。