日テレNEWS
カルチャー
2014年12月17日 23:11

秋元順子、ワールドツアーは「夢のまた夢」

秋元順子、ワールドツアーは「夢のまた夢」
(c)NNN

 歌手の秋元順子(67)が17日、東京・中野サンプラザで10周年記念コンサートの最終公演を開催した。

 本番前に取材に対応した。
 全国各地で公演を開催し、最終地のここ中野が23公演目。秋元は「どの会場もほぼ満員で、とても温かい拍手をたくさんいただき、どの会場も自分自身が感動する公演ができたことが一番思い出に残っています」と納得顔でツアーを回想した。

 メジャーデビューして10周年を迎え、「本当に私にとっては記念すべき年。うれしい気持ちでいっぱい」とにっこり。
 意欲の衰えもなく、今後は「たくさんのオリジナル曲を海外で、どのように聞いてくださるか試したい」と目標を掲げ、「ワールドツアーですか?」と水を向けられると「夢のまた夢。夢は思っていないとかなわない」と控えめながら野望を明かした。

 本番では大ヒット曲「愛のままで…」のほか、新曲で10周年記念曲「愛鍵」など全19曲を熱唱した。