日テレNEWS
カルチャー
2015年1月17日 19:48

座長・池田純矢「素晴らしい作品ができた」

座長・池田純矢「素晴らしい作品ができた」
(c)NNN

 ミュージカル「薄桜鬼 藤堂平助篇」の東京公演が17日、東京・Zeppブルーシアター六本木で開幕し、俳優の池田純矢(22)、女優の田上真里奈(23)らが本番前に会見を行った。

 シリーズ累計70万本を超える人気ゲーム「薄桜鬼」が原作のミュージカル。第5弾の今回は新選組八番組組長・藤堂平助を中心に描く。

 12日に京都公演を終え、この日が東京公演の初日。藤堂役を演じる池田は「素晴らしい作品ができたと思う」と“座長”として手ごたえを感じている様子。
 「全編を通してすごく温かい。“仲間であることがいったい何なのか”いろんな場面で触れられている。人との絆、つながりみたいなものを存分に見てください」と見どころを紹介し、「大爆笑してもらえるよう、毎公演、命を賭けて頑張ります」と意気込みを伝えた。

 藤堂と心を通わせる雪村千鶴役の田上は「今回の千鶴は今までと違うなと思う。(藤堂に)ついていく、ということよりも、自分の思いを主張するし、(2人で)一緒に歩んでいくというさまがすごく描かれている。その辺も見て」とにっこり語った。

 東京公演は25日まで。