日テレNEWS
カルチャー
2015年8月18日 15:07

板東英二、宮城でマラソン「早く元の街に」

板東英二、宮城でマラソン「早く元の街に」
(c)NNN

 タレントの板東英二(75)が17日、宮城・岩沼で行われた「KANPEIみちのくマラソン2015」に参加した。

 地元で活躍する、女性お笑いコンビ「まつトミ」からたすきを受け継いだ板東は、約2キロの道のりを走り、ゴール地点の玉浦西楽々公園で住民に迎えられ、近くの集会所へ。

 仮設住宅の住人ら約20人に向かい、「きょうはみなさんにお会いできてよかった。(復興は)まだまだこれからが大変だと思いますが、早く元の街になればと思っております」と呼びかけた。

 板東にとって今回が3度目の被災地訪問になる。
 30分ほどの交流を終え、「いつもは、こそっと来ていたんだけど、(間)寛平がこういう活動をしていることを知って、今回は参加させてもらいました。みなさんに笑っていただいて、元気になってもらって、次世代、その次の世代のために、力を出してもらいたい」と期待を寄せた。

 被災地復興支援を目的とする同駅伝は、今月11日に岩手・宮古市を出発。多くの芸人らが参加し、21日の福島・いわき市まで、533キロの道のりをたすきでつなぐ。