日テレNEWS
カルチャー
2016年3月22日 15:06

徳永ゆうき果敢“イワシになった人”に挑戦

徳永ゆうき果敢“イワシになった人”に挑戦
(c)NNN

 演歌歌手の徳永ゆうき(21)が22日、都内で新曲「函館慕情」の発売記念イベントを開催した。

 4枚目のシングルは、自身初の“本格演歌”で、北海道函館の華やかな風景を舞台に、思いを寄せる男性への女心を歌う。

 「曲中に『はっきりしてさっぱりして下さいね』というフレーズがあるんですけど、耳に残ると思うので、簡単な振り付けとともに楽しんでほしい」と笑顔でアピールした。

 イベントには、徳永が今、最も夢中になっているというお笑いタレントの永野(41)も応援に駆け付けた。
 21歳の歌声に心底驚き、「僕、芸歴21年なんですよ!僕が売れなかった期間にこういう宝が出来上がったわけですよ!感動しました」と、自虐エピソードを交えて絶賛した。

 憧れの芸人の登場に徳永は感極まり、永野の持ちネタ“イワシになった人”を、一緒に実演した。
 報道陣の前で飛んだり跳ねたり床に寝そべったりと新たな一面を披露し、「大阪出身なのでお笑いは大好き。この時代、(売れるためなら)何でもしていかないといけない」とたくましさを見せた。