日テレNEWS
カルチャー
2016年4月18日 12:35

プリンセス天功、吉本新喜劇との融合届ける 

プリンセス天功、吉本新喜劇との融合届ける 
(c)NNN

 妖艶で華やかなイリュージョンレビューで、世界中の観客を惑わし続ける女性、プリンセス天功(年齢非公表)。吉本新喜劇と手を組み、「NEWイリュージョン新喜劇ツアー」を展開する。イリュージョンとお笑いの華麗なる融合。ステージの一端を、本人に尋ねた。(取材・文=大山祐美)
 
 5月27日、神奈川・よこすか芸術劇場から、魅惑と笑いのコラボツアーはスタートし、10月まで全国5カ所計10公演。

 M−1グランプリ2015年チャンピオンのお笑いコンビ、トレンディエンジェル、“パンイチ”芸でブレークしたとにかく明るい安村(34)ら、陽気な面々が公演ごとにプリンセス天功の妖術にはまるという。

 「新喜劇とイリュージョンの融合です」とプリンセス天功は全体像を明かし、さらに「物語の中にイリュージョンがあって、イリュージョンの中に物語があるという、一種のミュージカルのようになっている」とかみ砕く。

 吉本新喜劇の芸人とコラボするのは、今回で3回目。座長を務める石田靖(50)、ほんこん(52)、辻本茂雄(51)も駆けつける。

 ステージでは“笑ってはいけない”という自己規制を、これまで世界中で貫いてきたが、笑わせることを商売にしている芸達者との共演は、過去、プリンセス天功を“キャラクター崩壊”させたことがある。「大笑いしてしまった……」。それでも笑いをぐっとこらえて、Show must go on.

 今回も、プリンセス天功お気に入りの芸人が、イリュージョンの世界に迷い込む。
 「コロチキメンバー(コロコロチキチキペッパーズ)、『はいてます!』の安村さん、ほんこんさん、大好きです」と共演を待ち望むが、果たして彼らを、どんな具合に料理するのか。

 「新喜劇の皆さまが真っ二つになったり、空中に浮いたり消えたりとかもします」と手玉に取る予定。本物のヘリコプターが突如、舞台上に出演するなど、度肝を抜く演出で、出演する座長ごとに異なるオリジナルストーリーの大脱出劇を繰り広げる。

 世界中をうならせてきたイリュージョンスキルに、お笑いを詰め込んだステージは、大人も子どもも、不思議な時空間をたっぷりと味わえる。「ご家族そろって見に来てください!」と呼びかける。

 そんなプリンセス天功。7月に日本に再上陸するファンタジーショー「スラバのスノーショー」のスペシャルサポーターも務めている。こちらの魅力についても「遊園地みたいで楽しい」と興奮気味に話してくれた。