日テレNEWS
カルチャー
2016年6月14日 12:41

氣志團ら献血呼びかけ「日本をよろしく!」

氣志團ら献血呼びかけ「日本をよろしく!」
(c)NNN

 メジャーデビュー15周年を迎えたロックバンド、氣志團らが13日、都内で開催されたライブイベント「LOVE in Action Meeting(LIVE)」に登場した。

 日本赤十字社が主催する、若年層に献血を呼びかけることを目的にした無料ライブ。
 昨年に引き続き参加した氣志團のボーカル、綾小路翔(年齢非公開)は、「うちの父親が35年くらい前に心臓病で、(成功率が)50%くらいの手術を受けた。今は見事に生きてるんですけど、そのときに本当に献血に助けられた」と実体験を明かし、「ぜひともみなさん、献血に興味を持ってもらって参加してもらって、これからも俺たちの日本をよろしく!ってことで。頼むね!」と呼びかけた。

 ステージでは、往年のヒット曲「One Night Carnival」や「喧嘩上等」など5曲をパフォーマンスした。

 若年層ファン獲得のため持ち歌を“流行歌風”にアレンジしたという「One Night Carnival」のスペシャルバージョンでは、エアーバンド、ゴールデンボンバーの「女々しくて」のメロディーや振り付け、ダンス&ボーカルグループ「3代目J Soul Brothers」の人気ダンス“ランニングマン”などを次々に“パクり”、4500人の来場者は大爆笑。最後は、メンバー全員がスタッフに取り押さえられ、ステージから“強制退場”させられる演出で、会場をわかした。

 イベントには、ガールズバンド「Silent Siren」、ダンス&ボーカルグループ「Da-iCE(ダイス)」、歌手のナオト・インティライミ(36)らも登場した。