日テレNEWS
カルチャー
2016年9月2日 14:51

宙づり落下負傷の唯月ふうか、1日に退院

 舞台「ピーターパン」のけいこ中に負傷、入院していた女優の唯月ふうか(19)が1日に都内の病院を退院していたことが2日、分かった。

 8月16日に、宙づりの装置の操作ミスで約3メートルの高さから落下。左目の眼窩底(がんかてい)吹き抜け骨折と診断され都内病院で手術を受けていた。

 出演が予定されていた12月のミュージカル「クロスハート」、それに先立って行われる公演「クロスハート Live Version」には予定通り出演するという。

 2日に更新したブログでも、退院を報告した。
 「ファンの皆様へ」と題し「今回は、たくさんご心配をかけてしまい、すみませんでした。そして、ミュージカル『ピーターパン』の大阪公演が中止になってしまい、楽しみにして下さっていた皆さん…本当にごめんなさい。私も悔しい気持ちでいっぱいです」と心境を吐露。「今は、無事に手術も終え、昨日退院もして、毎日少しずつ元気になってます。また皆さんにお会いできる日を、楽しみにしています。なので、それまでの間、ちょっとだけ待っててくださいね!!」と元気な様子を伝えた。