日テレNEWS
カルチャー
2016年10月21日 19:12

松本伊代、息子・凌央の活躍に「いい経験」

松本伊代、息子・凌央の活躍に「いい経験」
(c)NNN

 タレントの松本伊代(51)が21日、都内で行われた6人組アイドルグループ「さんみゅ〜」のライブ「純白歌合戦 #4」にゲストで出演。開演前にさんみゅ〜のメンバーとそろって取材に応じた。

 さんみゅ〜が80年代に活躍した先輩アイドルをゲストに迎えて行うコラボライブ。第4弾のゲストとして招かれた松本は、「若い人にも私の歌を発信できてうれしいです」と世代を超えた共演を喜んだ。
 衣装は、白のワンピース姿のさんみゅ〜に対し、黒のワンピースに大きな黒い花の髪飾りをセレクト。松本は「さんみゅ〜の皆さんもいるし、私がメーンじゃないので控えめな感じで、かわいらしさがあればいいなと思ったりして…」と照れ笑いを浮かべた。

 本公演に出演するにあたり、息子で俳優の小園凌央(21)からは「(代表曲『センチメンタル・ジャーニー』の歌詞にあるように)16歳に戻った感じで、あまりおばさんっぽくならないように頑張って来いよ」とアドバイスをもらったことを報告。
 同じ芸能界に進んだ息子について松本は「親としては、(夫の)ヒロミさんとも『大丈夫かな?』って心配しつつ、『周りの方に成長させていただければいいね』って話している」と親心をのぞかせ、「(芸能界で)すごく鍛えられていると思う。いい経験をさせてもらっているのかなと思っています。いつも疲れて帰ってきてるみたいですけど」と息子の成長を実感した様子だった。