日テレNEWS
カルチャー
2016年10月22日 17:23

矢部美穂、手術は子宮動脈塞栓術で

矢部美穂、手術は子宮動脈塞栓術で
(c)NNN

 近く子宮筋腫の手術を受けるタレントの矢部美穂(39)が22日、ブログを更新。先に報告していた開腹手術ではなく、子宮動脈塞栓術(UAE)を行うことを明かした。

 矢部は治療を続ける中で、いったんは開腹手術を選択したというが、「開腹手術は術後に長い休養が必要だったり、どうしても傷痕が残ったりと少し怖い気持ちもありました。再考に再考を重ねUAEという手法で手術したいと思います」と近況を報告。

 予定している手術について「子宮動脈にカテーテルでゼラチンを注入することで、筋腫を成長(大きく)させる養分や酸素を運ぶ血流を一時的に止めて、筋腫を縮小、壊死させる方法みたいです」と説明し、「私の場合、筋腫が多発してることもあり身体への負担が少ない割には効果が望めそうでやってみたいと思いました」と思いを伝えた。