日テレNEWS
カルチャー
2017年3月16日 13:14

第42代キャンギャルは埼玉出身ハーフ美女

第42代キャンギャルは埼玉出身ハーフ美女
(c)NNN

 女優の松嶋菜々子(43)、片瀬那奈(35)らを輩出した「旭化成グループ キャンペーンモデル2017」の発表会が16日、都内で行われ、第42代に埼玉出身の大伴理奈(おおとも・りな)さん(22)が選出された。

 日本人の父と中国人の母をもつハーフで、前日に白百合女子大学を卒業したばかり。
 大伴さんは「今回、このような歴史のあるキャンペーンモデルになることができて、そして卒業と同時に新しいスタートを切ることができて本当にうれしいです」と緊張の面持ちであいさつした。

 合格の報告を受けたのは昨年12月16日。
 偶然にも誕生日当日だったそうで「信じられないっていう気持ちと、不安もちょっとあったんですけど一生懸命、1年間を突っ走って頑張ろうと思いました」と決意を語った。

 大学在学中はモデルとして活動してきたが、今後は「モデルや雑誌などの活動ももちろんしつつ、テレビなどチャンスがあれば何でも挑戦していきたいです」と、にっこり。
 女優業にも興味があるそうで、「悪女(役)とかもやりたいし、化粧をしていないと『幼い』と言われるので、生徒役とかもいろいろやりたいなと思っています」と希望した。