日テレNEWS
カルチャー
2017年8月29日 21:51

片岡仁左衛門、霊験亀山鉾「最後かな」

片岡仁左衛門、霊験亀山鉾「最後かな」
(c)NNN

 歌舞伎俳優の片岡仁左衛門(73)が29日、都内で国立劇場10月歌舞伎公演「通し狂言 霊験亀山鉾(れいげんかめやまほこ)−亀山の仇討−」の取材会に出席した。

 仁左衛門は「私もこの演目は大好きで、(東京では)15年ぶりにやらせていただくのを本当にうれしく思います。また、このお芝居は、たびたび出せるものではございません。もしかしたら、今回で最後かなと思いますので、ぜひぜひ、盛り上げてください」と思いを伝えた。

 質疑応答で記者に「最後かな」という発言の真意を問われると、「私の体力ですね」と仁左衛門。「自分を追い込むわけではないですけど、本当にいま、大きいお役をやらせていただくと、これが最後になるかも分からない、という気持ちで挑む狂言が増えてきましたね」と話した。

 この日、歌舞伎俳優の二代目坂東巳之助(27)が一般女性との婚約を発表した。仁左衛門は「おめでたい。早く継ぎ(子ども)を作って、歌舞伎のために貢献してくれたら」と笑顔で祝福した。

 公演は10月3日から27日まで、東京・国立劇場で。