日テレNEWS
カルチャー
2017年9月23日 20:44

村野武範、2年前にがん宣告も現在は回復

 俳優の村野武範(72)が23日、がんを患っていたことを告白した。

 村野はこの日、佐賀県内で開催された「リレー・フォー・ライフ・ジャパン」に参加。
 地域全体でがん征圧を目指すチャリティーイベントで、自身も一昨年前に中咽頭がんと診断されていたことを明かした。

 村野によると、2015年5月にしこりが首にあることに気づき、病院で診察を受けた。当初はカゼと診断されたが、別の病院で精密検査を受けたところ、がんであることが判明。がんはすでにステージ4で、医師には「余命は聞かない方がいい」と言われたという。
 しかし、夫人のすすめもあり、陽子線治療を受けることができる東北地方の病院に2015年6月に入院。現在は1年から1年半に1回検査を受けているが、先月の検査でも問題がないほどに回復しているという。

 今回のイベントでがんを初めて告白したことについて、村野は「セカンドオピニオン、サードオピニオン(を聞きやすい環境)の下地を作りたい」と語った。