日テレNEWS
カルチャー
2017年10月6日 16:54

乃木坂46山下美月「何か貢献できたら」

乃木坂46山下美月「何か貢献できたら」
(c)NNN

 アイドルグループ「乃木坂46」の3期生が6日、東京・渋谷のAiiA 2.5 Theater Tokyoで舞台「見殺し姫」(6日〜15日)の公開げいこを行った。

 3期生がオリジナル作品で舞台をするのは初めて。山下美月(18)は「3期が単独でステージをやらせてもらえることは当たり前のことではない。これも先輩が乃木坂46を作って来てくれたからなので、この舞台で3期生も何か貢献できたら」ときりり。梅澤美波(18)は、衣装の着物に苦労したそうで「丈が長いので、立つコツをつかむことを頑張りました。成長した3期生を見せていけたら」と力強く語った。

 作品の舞台は平安時代。現代の“お姫様”だったら何をしたいか質問が飛んだ。梅澤は「洋服が好きなので『端から端まで(洋服を)ください!』と言いたい」とにっこり。伊藤理々杏(14)は「お姫様はおいしいものを食べていそう。甘いものが好きなので、おいしいスイーツをお腹いっぱい食べたいな」と夢を膨らませた。