日テレNEWS
カルチャー
2017年10月23日 15:00

1日局長氷川きよしカレンダー発売「光栄」

1日局長氷川きよしカレンダー発売「光栄」
(c)NNN

 演歌歌手の氷川きよし(40)が東京中央郵便局の1日局長に就任し23日、同所で「氷川きよし2018カレンダー」のPRイベントを行った。

 2002年度から発売されているB2サイズの「氷川きよしカレンダー」と、ほぼ等身大サイズとなる「氷川きよしタペストリーカレンダー」(縦171センチ×横70センチ)が、郵便局でカタログ発売されることが決定。
 1日局長の委嘱状を受け取った氷川は、「今回のカレンダーとタペストリーの(予約)発売が11月1日で、来年の年賀はがきが発売されるのも11月1日。僕は毎年、年賀状を手書きで書いていまして、筆ペンで書くんですよ。手書きで書く部分がすごく好き。(だから)タペストリーとカレンダーを郵便局に買いに行って、年賀はがきも買って、来年の年賀状を書こうかな」とあいさつした。

 郵便局でカレンダーがカタログ発売されるのは、アーティストとして初めて。「大変光栄です。皆さんのおかげです。感謝しています」と喜び、「(2017年も)充実した1年になりまして。今年で40歳になりましたので、ここまで健康で歌ってこられたのもありがたいこと。これからも歌い続けていきたいですし50歳に向けてが楽しみです」と振り返った。

 カレンダーを飾る場所の話題になると、友人が老人ホームの仕事をしていると話し、「(友人が)老人ホームで僕のポスターを貼ってくれていたら、お年寄りが僕の口元にチューをして穴が空いたんですって。『きよし、ポスターをもう1回送ってくれない?』と言われて…」と、人気がうかがえるエピソードを披露。
 「ありがたいですよね、いろんなところで活用していただいて。少しでもそれが励みになって、元気になっていただければ。(カレンダーもタペストリーも)ご自由に使っていただいて」と笑顔を見せた。