日テレNEWS
カルチャー
2017年11月12日 13:25

本田紗来、チーズ料理に挑戦し「おいしい」

本田紗来、チーズ料理に挑戦し「おいしい」
(c)NNN

 フィギュアスケート選手で子役の本田紗来(10)が12日、都内で行われた「チーズフェスタ2017」に登場した。

 世界各国約250種類のチーズを楽しむことができるチーズファンのための祭典で、26回目となる開催。
 紗来はオープニングステージに登場し、「チーズ自体が大好きなので、ピザとかグラタンとかパンとか、チーズに合うものには何でもつけます。姉妹もみんなチーズが大好きなので、いつもお母さんとかお姉ちゃんとかが、チーズを使った料理を作ってくれます」と笑顔で話して、会場を和ませた。

 イベントではチーズを使った創作料理に挑戦し、楊枝(ようじ)にアメリカンチーズ、オリーブ、きゅうり、プチトマトを刺し、オリーブ油をかけた「ピンチョス」を手作り。
試食もして「すっごくおいしい!」と満面に笑みを浮かべ、「皆さんも食べてみてください」と呼びかけた。

 3歳のころから始めたフィギュアスケートも、今年で7年目。
 司会者から「練習中にケガを恐れることはある?」と問われると、「新しいジャンプとか、難しいジャンプを跳ぶ時は『怖いな』と思う時はある」と明かしつつも、「跳べた時がすごくうれしいので、(練習は)楽しいです」と前向きに話した。