日テレNEWS
カルチャー
2018年1月9日 14:40

三宅裕司、冠番組が16日で放送100回

三宅裕司、冠番組が16日で放送100回
(c)NNN

 タレント・三宅裕司(67)の冠番組「三宅裕司のふるさと探訪〜こだわり田舎自慢〜」(BS日テレ、毎週火曜午後9時〜)が放送100回目を迎えることになり、三宅がコメントを発表した。

 視聴者から寄せられた“こだわり田舎自慢”を確かめるべく、三宅が現地を訪ねる旅番組。
 2015年4月にスタートし、16日の放送でめでたく100回目を迎える。

 三宅は「『ふるさと探訪』が100回を迎える。ということは日本の地方都市100か所ほどを訪れたことになる。若いころはエンターテインメントの勉強のためにニューヨークやロンドン、パリなどに目が向いていたが、60歳を過ぎて『もっと日本を知らなければ』と思っていたところでこの番組に出会った」と、しみじみ回想。
 番組を通じて「改めて日本の素晴らしさを実感できました」と明かし、「ここまで続いたのも視聴者の皆さん、そしてスタッフの皆さんのおかげです。本当にありがとうございます」と感謝した。