日テレNEWS
カルチャー
2018年5月26日 16:09

【告別式】美紀夫人…秀樹さんを忘れないで

【告別式】美紀夫人…秀樹さんを忘れないで
(c)NNN

16日に急性心不全のため63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんの葬儀・告別式が26日、東京・青山葬儀所で営まれた。

芸能界からは郷ひろみ(62)、野口五郎(62)、高木ブー(85)、薬丸裕英(52)、コロッケ(58)らが参列。
出棺前に妻で喪主の木本美紀さんがあいさつに立った。

脳梗塞の後遺症で言語障害と右半身まひに苦しむ中、歌手としてステージに立つべくリハビリに励んだ最愛の夫にかわって「倒れました先月25日まで(デビュー)50周年を目指してハードなリハビリに励むことができましたのも、ファンの皆様、関係者、並びにスタッフの皆様のおかげだと心より感謝申し上げます」と美紀夫人。
さらに「ファンの皆様からのお手紙には秀樹さんはもちろん、家族一同、幾度となく力づけられてまいりました」と感謝の言葉を重ね、「どうか秀樹さんを忘れないでいて下さい」とお願いした。

棺には家族の写真、夫人と子どもたちからの手紙、二男からプレゼントされたという帽子、ゴルフの手袋が収められた。
出棺時には楽曲「ブルースカイブルー」が流され、ファンから「ヒデキ」コールがわき起こる中、西城さんを乗せた霊きゅう車は出発した。

主催者によると、この日は関係者・ファンを含めて約1万人が参列したという。