日テレNEWS
カルチャー
2019年9月24日 21:47

松岡修造、弟子にエール「強い錦織でいて」

松岡修造、弟子にエール「強い錦織でいて」
(c)NNN

スポーツキャスターでタレントの松岡修造氏(51)、テニスの錦織圭選手(29)が24日、都内で行われた寝具メーカー「エアウィーヴ」の発表会に出席した。
 
錦織選手は、松岡氏主宰の次世代選手育成プログラム「修造チャレンジ」の卒業生。
会場内のスクリーンで当時11歳の錦織選手を指導する松岡氏の写真が紹介されると、錦織選手は「このころはまだ身長も小さかったですし、気も小さかったので修造さんにいろいろ鍛えてもらいました。世界というものを一番、厳しく教えてくれたのが修造さん。世界を目指すきっかけになった」と感謝した。
 
右肘のケガで楽天ジャパン・オープンを欠場する錦織選手に、松岡氏が「肘、どう?」と確認すると、錦織選手は「そんなに悪くないです。この2、3か月はずっと痛みがありながらプレーしていたので、ここでしっかり治しておこうということ。肘の痛みがずっとストレスになっていたので…。試合には治り次第、出ます。一応、ウィーン(エルステ・バンク・オープン、10月21日〜)には出る予定です」と返答。
さらに松岡氏が「それはある意味、(東京五輪)2020に向けて(万全の状態で臨むため)の決断なのかな?」と質問を重ねると、錦織選手は「オリンピックが1年後に迫っているので、それを含めてというのもあります」と明かした。
 
「エアウィーヴ」を遠征先にまで持っていくほど睡眠を大事にしている錦織選手は「1日10時間は寝たい人です」と、きっぱり。
松岡氏は、同社が特別に“カスタマイズ”した寝具を錦織選手が体験する際はしっかりマイクフォローするなど愛弟子のサポートに徹し、最後に「ケガがひどくないと聞いて安心しました。僕は2020の応援団長もさせてもらっているので、オリンピックでもう一度、メダルに向かっていく強い錦織圭選手でいてほしいと思います」と期待を寄せた。