日テレNEWS
カルチャー
2020年2月27日 17:31

【オジオズ篠宮暁2】漢字一字で例えると…

【オジオズ篠宮暁2】漢字一字で例えると…
(c)NNN

お笑いコンビ、オジンオズボーンの篠宮暁(37)が、このほど日本テレビの取材に応じ、漢字の魅力について語った。

篠宮は「オジンオズボーン篠宮暁の秒で暗記!漢字ドリル」(宝島社)を2月18日に発売。
漢字の魅力を篠宮は「ひとつは難しい漢字を書けた時に『気持ちいいんだ』って気づきました。爽快感があります。二つ目は漢字の由来。漢字の歴史が古すぎて、なぜこんな漢字になったか分からない(漢字がある)。そこにロマンを感じる」と話した。

「オジンオズボーンを漢字一字で例えると?」と聞いてみると、篠宮は「縁」と即答。その理由を「崖っぷちのフチです。ギリギリです。(コンビでお笑いを)21年やっていて、漫才でもなかなかテレビに出ることもなく、『縁』なんですけど」と説明。
続けて「相方の高松新一を漢字一字で例えると?」と聞くと「『増』。相方は売れなさ過ぎてどんどん髪の毛が抜けていったんですけど、去年、植毛をして、髪の毛も増えました」と答えた。