日テレNEWS
カルチャー
2021年9月11日 19:07

水谷八重子「天丼の味は」先生との思い出

水谷八重子「天丼の味は」先生との思い出
(c)NNN

新橋演舞場で10月に上演される花柳章太郎 追悼『十月新派特別公演』の取材会が行われ、水谷八重子さんや波乃久里子さんら出演者が会見を行いました。

今公演は大正から昭和にかけ活躍した役者・花柳章太郎さんの追悼と銘打ち『小梅と一重』と『太夫さん』の2つの演目が上演されます。水谷さんは「花柳先生に“いい子だね”といっていただけるようなそんな公演にしたいと思います」と挨拶で語りました。

そして共演の波乃さんは「コロナ禍ということもあり、見に来てくださるみなさまは命がけで来てくださると思いますので、私たちも命がけの舞台をお見せしなければなりません。どうか応援してくださいませ」と話しました。

また花柳さんとの思い出について水谷さんは「新橋演舞場でお稽古をしていた。お店も閉まっているころに、私はとてもお腹が空いていたんですが、花柳(章太郎)先生が早くに注文していた天丼があるだけだったんですよ。そしたら花柳先生が半分分けてくださったんですね。その天丼の味が花柳先生の味で、今でも忘れられません」と振り返りました。