日テレNEWS
カルチャー
2021年9月15日 20:41

“白塗り野郎”の過去を知る重要人物が登場

“白塗り野郎”の過去を知る重要人物が登場
(c)NNN

俳優の筒井真理子さんが日本テレビ系土曜ドラマ『ボイスII 110 緊急指令室』の第9話(18日放送)に「重要人物」として出演することが、発表されました。

第9話では、最凶最悪の真犯人“白塗り野郎”久遠京介(安藤政信さん)の知られざる過去が明らかになります。「なぜ白塗りをしているのか」「あの舞の意味は?」「久遠の両親は誰なのか?」…数々の謎に対して、さまざまな考察が行われてきましたが、その謎を解き明かす「久遠の過去を知る重要人物」として筒井さんが登場します。

壮絶な役作りと高い演技力がカンヌ国際映画祭等で評価されている筒井さんは今回、40代〜70代までの役柄を演じ分けているということです。

筒井さんは「いよいよ物語はクライマックスを迎えます。これまでの次々と予想を裏切る展開を、私も視聴者の皆さんと一緒に毎週楽しみにしてきました。そして、このたび出演者となって内部に侵入させていただき、皆さまより一足先に真相を知ることができました。ですがそれは…演じる私も驚くほど深く切ない!すべてを知った私でも、これからの放送が楽しみでなりません」とコメント。撮影を振り返り、「私が演じたのはとても大切な役どころで、気を引き締めて臨みました。1日で30歳若返らなければいけないというミッションもあり、とてもエキサイティングな現場でした。皆さま、ついに最終章を迎えた怒涛の物語に身を任せてください!」と話しています。